スタッフブログ

地価上昇地方に波及

国土交通省が19日に発表した2019年の地価調査によると、三大都市圏(東京・大阪・名古屋)以外の地方圏で商業地が1991年以来28年ぶりに上昇しました。

地方圏の中核4市(札幌、仙台、広島、福岡)の訪日客の増加によるホテル需要や再開発がけん引役となっているようです。一方で調査地点の48%は下落が続いており、地方圏の中でも交通利便性の高い住宅地やホテル需要の高い商業地とその他の場所との2極化は続いているようです。

広島でも近年、広島駅周辺の再開発や市内中心部のホテル、オフィスビルの建設を数多く目にします。

地価の変動にも注目ですね!!

月間アーカイブ

最近の投稿

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved