スタッフブログ

ひろしまたてものがたり

広島県は県内の建築物について魅力度のコンテストを実施するそうです。県民から広く候補を募集し、専門家や有識者による選定委員会で絞り込んで100件を選び、県民だけでなく県外から観光客が訪れたいと思うような観光資源に育てたい考えとの事。

広島県では、「訪れてほしい」「訪れたい」と感じる建物を教えて下さいと、すでに県のホームページに募集要項が掲載されており、2014年2月末まで県内の魅力的な建築物を募集しています。来年3月に「100セレクション」を選び、5月に結果を発表するそうです。

魅力ある建物が観光資源となり、国内外から多くの観光客が広島に訪れることを期待したいと思います。どんな建築物が選ばれるのか楽しみですね。

ラストスパート

広島は冷たい雨が降っております。

本日も全国より手形割引のお問い合わせを頂きまして誠にありがとうございます。

今年もあと3営業日となりました。

12月30日まで営業は致しますが、金融機関の営業時間の関係上、お申し込み受付は30日午前中までとさせていただきますのでご了承ください。

年末でお忙しいとは思いますが、交通事故のニュースも増えています。忙しい時ほど心には余裕を持って行動したいと思います。

2013年ももうわずかです。ラストスパートをかけ頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

公共工事の債権を電子化

某大手都銀が東日本大震災の復興工事で電子債権を活用するそうです。

公共工事で債権を電子化するのは国内で初めてとのこと。

同行は、被災地の自治体(町など)が発注する公営の戸建て住宅建設を請け負う建設業者が持つ債権を、地元の地銀と連携して電子化するそうです。

つまり、被災地の建築業者が自治体向けに持つ債権を電子化するということで、電子債権は迅速に換金できるから、建築業者は運転資金を確保しやすくなり、復興工事が円滑になる可能性があるとの事です。

具体的には、来年3月までに100億円分を電子化するそうですが、非常に興味がある話題ですね。

年末年始の営業のご案内

早いもので今年も残すところ1週間となりました。

年末年始の営業のご案内を致します。

誠に勝手ではございますが、12月31日(火)より1月5日(日)はお正月休みを頂きます。

年内は12月30日(月)まで営業いたします。

また、明けまして1月6日(月)よりの営業となりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

年末年始も手形割引・電債割引のことなら三及までお問い合わせください。

 

ビットコイン

電子商取引の新たな決済手段として、仮想通貨「ビットコイン」が注目を集めているようです。ネット上で決済に使われるビットコインの発行は時価で90億ドル(約9200億円)程度とされ、金融機関を介さず世界中のどこでも送金でき、手数料はほとんどかからないそうです。

通貨とビットコインを交換するのは民間の専門取引所で、取引価格はその時々の需要によって変わりますが、東京に本社を置く専門取引所での取引価格は1ビットコイン=720ドル前後(17日現在)で、米国や欧州ではネット上だけでなく実際に代金の支払いを受け付ける店舗がそれぞれ数百ヵ所あるそうです。日本国内では飲食店や語学教室など、首都圏を中心とする十数店だけとのことです。

高度な暗号技術で複製が防止されており、この希少性が資産としての価値を生んでいることから、通貨というよりも「金」に近い存在ではとの見方もあるようです。

需要による価格の変動は大きく、専門取引所の経営が破綻すればビットコインを通貨に戻せなくなるリスクもあるとか。便利なようですがいろいろな問題もあるようですね。

 

<< 1 2 3 4 >>
4ページ中1ページ目

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved