スタッフブログ

選挙とトラフグ

下関・南風泊(ハエドマリ)市場では、養殖トラフグが安いそうです。

一昨年に、東京都ふぐの取扱い規制条例及び東京都ふぐの取扱い規制条例施行規則を改正し、今までふぐ調理師以外は取り扱えなかったふぐ加工製品について、一定の条件を満たすことにより、ふぐ調理師以外の人でも取り扱えることができるようになったことで、取扱店舗が増えて消費が拡大すると見込まれ、生産者は供給を増やしたが見込んだほど需要が伸びなかったそうです。

総務省が28日発表した10月の家計調査によると、2人以上の世帯の実質消費支出は1世帯当たりで、前年同月比4.0%減少し、前年同月を下回るのは7カ月連続とのことですから、財布の紐も堅い様子ですね。

例年だと、高級魚とされるトラフグは鍋シーズンの冬に需要が増えるが、「選挙は宴会の減少につながる」との憶測から需要縮小を見込む声もあるとのことです。

卸値は昨年からのもちあいで、2年前と比べ2~3割程度安く、また9月~10月の南風泊市場への入荷量は前年同月に比べ15%多く、前年の在庫も残り、需要は盛り上がりを欠いているとのことです。

餌代は上がり、今の相場では利益が出ないと、ヒラメ養殖に移った生産者もあるそうです。

12月14日予定の衆院選投開票日以降にトラフグでの宴会が増えるよう与党政党に期待したいと思います。

5対4

 

先月31日に行われた金融政策決定会合での「追加緩和」に関する審議委員の賛否の票は、審議委員9人のうち5人が賛成票、4人が反対票、つまり主張は平行線のまま5対4の採決で追加緩和実施が決まったそうです。

緩和策に反対した4人はいずれも民間企業の出身者で、異次元緩和で株などの資産価値は上がったが、投資の伸びは鈍く融資もなかなか増えない、また実務に精通した立場からみると追加緩和の波及効果がはっきり見えないうえ、緩和の副作用である「財政ファイナンス(日銀による財政赤字補てん)とみなされる」「国債市場の流動性を著しく損なう」「円安が進めば中小企業への悪影響が懸念される」等の反対意見を述べたそうです。

結局、採決は緩和派の日銀執行部に押し切られた構図ですが、反対派の懸念に明確な回答は示せていないのが現状とのことです。

日銀の電撃緩和の効果に期待して良いものかどうか?

我々の生活にもその影響は大きいはずです、近い将来を多いに懸念します。

今週の気になる予定(11/25~11/30)

今週の気になる主な予定などを全国誌等より興味本位で抜粋しました。

 

11月25日(火)

・11月の月例経済報告(内閣府)

前月と同じ「緩やかな回復基調」との基調判断か?

・黒田日銀総裁が講演(名古屋)

追加金融緩和に踏み切った10月31日の金融政策決定会合の議事要旨は?

・3ヶ月予報(気象庁)

 

11月26日(水)

・白井日銀審議官が講演(広島市)

・サッカー

天皇杯全日本選手権準決勝

 

11月27日(木)

・米感謝祭(Thanksgiving Day)

米国内全ての市場が休場

 

11月28日(金)

・みんなの党が解党

 

11月29日(土)

・サッカー J1

サンフレッチェ vs 川崎 (等々力)

 

11月30日(日)

・H2Aロケットで小惑星探査機「はやぶさ」打ち上げ(種子島)

・第41回宮島クロスカントリー全国大会(廿日市市)

・競馬 ジャパンカップ(東京)

年末ジャンボ

「年末ジャンボ7億円(1等5億円+前後賞各1億円)&年末ジャンボミニ7000万円」は本日発売開始だそうです。

今回の場合5億円が当たる確率は1枚300円の宝くじに付き、1千万分の1の確率。7000万円の場合は同様に1百万分の1と設定されているとのことです。

いずれも気の遠くなるような数字ですが、5億円は49人に、7000万円は190人に当たるらしいです。

さて、これがひょっとして当たった場合はどうすればよいか?

1万円以下ならどこの銀行でも換金可能、「5万円マーク」が表示されている宝くじ売り場では5万円まで換金できますが、それ以上の高額当選に関しては全て「みずほ銀行」のみ換金可能だそうです。

50万円以上の当選金を受け取るには本人確認書類(運転免許証など)が必要になり、またその日のうちに受け取れるのは100万円までで、それを超える額は、後日現金渡し、もしくは振込になるそうです。ただしある程度高額当選でも、「みずほ銀行本店」に限っては、照合時間(2時間ほど)さえ待てば、当日に全額受け取ることができる場合があるが、しかし5億円となると、通常2週間程度はかかるとのことです。

では以上の予備知識を頭に入れて、早速、夢を求めて年末ジャンボを買いに行きましょうか?

2014流行語

「2014ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた50語が19日に発表されました。

アニメ「妖怪ウォッチ」や

ディズニー映画『アナと雪の女王』から「ありのままで」「レリゴー」の2語、

安部内閣で閣議決定された「集団的自衛権」やこちらも大きな話題となった「STAP細胞はあります」

一躍ブレイクした東京えれきてる連合の「ダメよ~ダメダメ」

現在も世界中で猛威をふるう「エボラ出血熱」などなどまさに今年を象徴するワードが並ぶ中、個人的に気になったのは「カープ女子」。

近年、何かと話題に上がる「カープ女子」ですが、流行語にノミネートされるまでになるとは驚きました。

この勢いに乗り来年はリーグ優勝・日本一と行きたいものです。

皆様の気になる今年の流行語は何でしょうか?

早くも今年を振り返るような時期になりました。

何かと慌ただしい年末ですが、皆様のお役に立てるよう頑張って参ります。

手形割引・でんさい割引のことなら三及までお問い合わせください。

迅速・丁寧に対応させていただきます。

<< 1 2 3 >>
3ページ中1ページ目

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved